FRANCK MULLER

FRANCK MULLER

残り2日

1991年、「20世紀の天才時計師」と呼ばれた「フランク・ミュラー」は自らの会社を設立、複雑機構の開発で次々と話題作を発表し、一躍トップブランドへと成長を遂げます。クレイジーアワーズなどの奇想天外な機構の発明など、世界初の機構は、30以上にも及ぶんだとか。 「経営者」ではなく「時計師」として時計を作り続けるフランク・ミュラーの世界だからこそ作れた度肝を抜かれるデザインやメカニズムがファンを魅了して止みません。今現在でも卓越した発想と技術で時計界をけん引し続けています。フランク・ミュラーを代表する独自のトノウ(樽)型ケースを採用したモデル「トノウカーベックス」をはじめ、インデックスに夜光塗料を用いて視認性を向上させた「カサブランカ」、レクタンギュラーケースと流線型のカーブを用いることで快適な着け心地を実現した「ロングアイランド」、スポーティなダイアルと立体的なケースデザインが特徴的な「コンキスタドール」、ロングアイランドから派生したスクエア型ケースの「マスタースクエア」。ラグをなくし、ストラップをケース内部に差し入れることで一体感を作りだした「ヴァンガード」などがあります。

Today's Open
本日開催のブランド

pagetop